ページトップ

レポートreport

レポート 2019年12月03日

【実施報告】「まちカフェ!」 寄付ってなぁに?親子で体験してみよう!<12月1日>

12月1日(日)町田市役所にて「第13回市民協働フェスティバルまちカフェ!」が開催されました。出展団体は、81団体、来場者は全体で9100名!たくさんの方がいらしていました。

サポートオフィスは、12月は「寄付月間」ということで「寄付ってなぁに?親子で体験してみよう!」(寄付月間公式認定企画)という内容で展示、アンケート、クイズを実施。

また、同じく寄付月間公式認定企画である「寄付のイラストコンテスト」ぬりえ部門の「ふじぽん」のぬりえを用意しました。いずれの企画も参加賞として「サポートオフィスステッカー」と「寄付月間のピンバッチ」を用意。ぬりえとクイズ効果で小さなお子さんを連れたご家族にたくさん参加していただきました。

 

展示内容

・寄付ってなぁに?ーいろいろな寄付の種類の紹介

・世界の寄付市場

・町田の寄付事情(町田のNPO法人が集めた寄付額、昨年度の町田市内の歳末助け合い、赤い羽根共同募金の寄付額)

・「まちカフェ!」で寄付(募金、フードドライブなど)を集めている団体紹介

町田のNPO法人が集めた寄付額は約9,500万円、会費が約6,500万円です。思ったより多くありませんか?このデータについては、今後より詳細に分析してご報告したいと思います。

寄付アンケート

◆寄付したことがありますか? 

  ある ない
10代 24 6
20代 3 1
30代 10 1
40代 24 2
50代 16 0
60代 8 0
70代 22 1

来場者数全体の内訳がわからないのでデータとしての精度は低いですが、高齢の方と家族連れが多く参加していたことから考えると10代の回答の多くはお子さまだと思います。「コンビニの募金箱に募金してるよ!」といっている子が多くいました。

◆どんな種類の寄付をしたことがありますか?

災害支援 57
赤い羽根 51
ユニセフ 42
歳末助け合い 27
赤十字 26
あしなが育英会 15
個別の団体、NPO(難民支援協会、町田ねこの会、国境なき医師団・・・) 48

 

「災害支援」や「赤い羽根」が多いですが、個別の団体への寄付も意外と多くありました。クラウドファンディングサイトをみて面白そうな企画があれば寄付をするという方もいました。

◆寄付をした理由

社会の役に立ちたいと思ったから 56
町内会・自治会の活動の一環として 17
自分や家族が関係している活動への支援 9
職場の取り組みの一環として 9
所得税が軽減される制度があるから 5
自分が抱えている社会問題の解決に必要だから 5
知人や同僚などのすすめ 3
社会的に評価されるため 1
その他 11

内閣府の調査でも59%が「社会の役に立ちたいと思ったから」と回答していますが、今回のアンケートでもそうした声が多くありました。一方で「自分が抱えている社会問題の解決に必要だから」という回答も5件あったことは印象的です。「まちカフェ!」という市民活動団体が集まる場だからこそ、当事者も多く集まっていたのかと思います。

 

◆どんな寄付ならしてみたいですか(自由回答)?

・「子どものためになること」が一番多くつづいて「障害のある人への支援」に多く賛同がありました。「目的と用途がわかりやすい」「お手軽」といった声もありました。「目的と用途がわかりやすい」という声は市民活動団体のファンドレイジングにとって大事な視点ですね。

今回「寄付」というテーマで展示をさせていただきました。「寄付」をテーマに親子でクイズに取り組みながら対話するきっかけになったかなと思っています。寄付月間は、12月いっぱい続きます。各地でイベントも開催されるのでそちらもぜひチェックしてみてください!

また、町田にはたくさんのNPOや市民活動団体が活動しています。「寄付をすると幸福になる」という研究もあるとのこと、自分の興味のあるテーマの団体を寄付で応援してみてもよいかもしれません。

お問い合わせ

CONTACT

ご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

メールマガジン登録

MAIL MAGAZINE

町田市の最新情報・イベント情報をお届けします。