ページトップ

その他others

その他 2020年04月25日

創立1周年に寄せて

本日1周年を迎えるにあたり、3月10日に発行した「サポートオフィス通信」の巻頭に掲載した原稿と共に、新たにスタッフ一人ひとりからのメッセージを添えてお届けいたします。

予定しておりました、1周年イベントは残念ながら中止となりましたが、ここまでの一年間で出会えた皆様への感謝の気持ちと、今後への決意をお伝えさせていただきます。


2019年度を振り返って 

2019年4月25日に開所し、間もなく一年が経ちます。 開所してから今日まで、市内外の各地でお会いした方々と町田の市民活動について、対話を重ねてきました。改めてこれからの地域づくりには自由な活動が活発に展開していくことが必要であると実感するとともに、私たちが果たすべき役割 を再確認した一年でした。  

この一年間、相談対応・訪問・講座等で知り合った方々は500名近くになります。市内各地で、社会や地域の課題と真摯に向き合い、情熱的に活動を積み重ねている方々との出会いは、私たちにとって希望や勇気をいただくものでした。 一方で町田の市民活動・地域活動についての課題も見えてきました。 具体的には以下の3点が挙げられます。

 

1.団体のビジョンやミッション、事業計画などの整理になかなか時間がとれず、活動が広がらない

2.市民活動・地域活動を行う団体同士でも横のつながりが十分でない

3.地域のために何かしたいという個人や組織に必要な情報が届いていない

 

次年度は、こうした点を踏まえて以下3つの役割をしっかりと果たしていきたいと考えています。

1.団体のビジョンやミッション、事業計画などを作るプロセスにしっかりと寄り添う伴走者としての役割

2.市民活動・地域活動団体同士、団体とその他の組織や個人をつなぐ翻訳者としての役割

3.情報を求めている人にしっかりと情報を届けるための情報の仲介者としての役割

 

私たちのビジョン「まちの困りごとにみんなが楽しく取り組み、自分らしくいられる『まちだ』づくり」は、ひとつの組織、ひとり のリーダーに頼るのではなく、みんなで「ちょっといいこと」を積み重ねて実現できるものだと思います。

そのためにも何か したいと思ったときに実現できるコミュ二ティ、仕組み、情報が必要です。何かしたいと思った人の「想い」がつながり合う 地域づくりに取り組んでいきたいと考えています。

町田市地域活動サポートオフィス スタッフ一同

 

 

 

1周年に寄せて~スタッフからメッセージ~


今できることを考え模索し、活動をする、一方で何もできないと落ち込む 、そんな日々を過ごしている方も多いかと思います。私も同じです。多くの人がそうだと思います。ただ、こうした状況だからこそ今後市民の活動が大切になってくると思います。声を上げられない人の声を伝えること、行政では行き届かない困りごとに取り組むこと、地域の文化を育むことができるのは市民の、地域の活動です。悩んで、迷って、時に落ち込んで、でも一緒に考えて進んでいきましょう。(喜田亮子)


1年前に文房具を揃えるところから始まり、まずは、この長い組織名と何をやるところなのかを知っていただくことを主眼として動き出しました。待っていては誰も来ない、という認識のもと、出かけて行っての面談・ヒアリング・相談対応の実施、講座開催、広報誌「サポートオフィス通信」の発行など、反省し検討しながらの1年でした。これからも一人ひとりが自分らしくいられる「まちだ」づくりを目指します。よろしくお願い致します。(大谷光雄)


■一年前のとてもワクワクした気持ちを昨日のように思い出します。手探りのなか信頼する仲間とともに、市民活動への想いを持って活動した日々でした。 今この難しい状況の中、これまでに出逢った皆さんお一人お一人の顔が思い浮かびます。 今もきっと”誰かのために・出来ることを”と奮闘されていることと思います。 どうか無理なく、まずはご自身と周りを大切になさってください。また笑顔でお会いできることを楽しみにしております。 (山根香)


サポートオフィスの活動はこれまでにもSNS投稿などを通して応援させていただいてきました。地域で活動される皆さまの声に敏感に、同じ目線で考え、共に明るい未来を描けるよう寄り添ってきたスタッフに、今年から私も仲間に入れていただきます!どうぞよろしくお願いします。まちカフェ!実行委員会でご縁のあった皆さま、そして新しく出会っていただく団体の方々にお会いできるのが楽しみです。(杉山亜紀@本年度よりサポートオフィスに入職)


「あの人の喜ぶ顔を見るのが嬉しい」「困っているあの人の背中を押してあげたい」…皆さまの活動の源にある想いや願いが、サポートを必要としている人にきちんと届き続けられるよう、そしてその取り組みが街の活性化につながるよう努めてまいります。みなさんの活躍する現場にお伺いできる日を心待ちにしながら、私たちサポートオフィスが今できることは何かを考え、歩みを止めずに活動していきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。(杉山久美子@本年度よりサポートオフィスに入職)


地域で活動される団体の皆さまから学ばせて いただいた1年目。あらためてサポートオフィスのできること、やるべきことが明確になってきました。 2年目は、皆さまが掲げるビジョンの実現に一歩でも近づいていけるよう、私たちもさらに一歩、団体運営の中にまで踏み込んで支援を行いたいと思います。 まずは、コロナウィルスにより痛手を受けた運営を立て直すお手伝いから!(長浜洋二)

 

▲「サポートオフィス通信 6号」でご紹介した、サポートオフィスの1年のあゆみ

 

▲開所式でのテープカットの様子

 

▲開所式の日、サポートオフィスの看板と共に

 

        ▲開所式の日、ホワイトボードに市長が書いたカワセミ!

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

CONTACT

ご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

メールマガジン登録

MAIL MAGAZINE

町田市の最新情報・イベント情報をお届けします。