ページトップ

レポートreport

レポート 2021年04月22日

【訪問レポート】3水スマイルラウンジ・緑山色彩心理研究室グリーンハート

今日は、午前中にふれあいいちょう館と和光大学ポプリホール鶴川で開催の<3水スマイルラウンジ>へ、午後は鶴川三輪で活動されている<緑山色彩心理研究室グリーンハート>が開催している色彩セラピー体験&講座説明会にお邪魔してきました。

新しいイベントや取り組みをリアルの場で実施しずらい昨今ですが、「今だからできること」を見定め、最大限のコロナ対策をとりながら歩みを止めずに活動されている現場を拝見し、サポートオフィスのメンバーもとても前向きな力をいただきました。

 

———————————————
3水(さんすい)スマイルラウンジ
https://tsurukyou.com/3sui/
———————————————

鶴川地区協議会が毎月第3水曜日に鶴川地域の交流促進や様々な困りごとを相談する場として開催しているイベントです。

<まなびのひろば>、<スマホ教室>、<無料法務相>談そして妊娠期、0歳から5歳のお子さんとその保護者を対象とした遊び場<わくわく広場>など、さまざまな催しが企画されています。

本日も万全のコロナ感染症対策をされた中での開催でしたが、幅広い世代の方々が学んだり、つながりづくりをされている和気あいあいとした雰囲気が印象的でした。

特に大盛況だったのが、ポプリホール3階で開催されていた<まなびのひろば>。今回は「フットパスで鶴川の魅力を再発見」と題した講演会で、いくつのもの小さな丘陵や谷戸が折り重なる鶴川地区の魅力を、フットパス(歩行用の小径)を使いながら紹介されており、満員となった会場では熱心にフットパス用の地図をご覧になっている姿が印象的でした。

次回開催は5月19日(水)ですが、社会情勢を鑑みての実施となります。
最新情報をご確認のうえ、お出かけください。

*問い合わせ:070-5466-6542(鶴川地区協議会事務局)

 

1階にあるメイン会場は、とても開放的な雰囲気。親子が集まっている<わくわく広場>からは、子どもたちの元気な声が聞こえ、あたたかな気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来月開催する3水スマイルラウンジのチラシも用意されていました。毎回さまざまな催し物が企画されています。

 

———————————————
緑山色彩心理研究室グリーンハート
———————————————
昨年度の「まちカフェ!」では、自団体主催の「色彩心理塗り絵」の開催だけではなく、市庁舎に展示された「まちカフェ!の森」の陣頭指揮を執って下さったグリーンハートさん。今日はしっかりと時間を取って色彩心理についてのワークショップ体験をさせていただきました。

色彩心理とは、心理学と色彩学に基づいて色と心のつながりを知り、メンタルケアに活かす方法とのこと。今回は、曲を聴いてその印象を色で表現するワークや、イラストを自由に塗り絵するワークを体験しました。

印象的だったのが、「自分がどうしてその色を塗ったのか?」を互いにシェアすることです。感覚的に選んだ色を言葉に出し表現することで、今まで気が付かなかった自分の気持ちに対峙したり、一緒にワークを行った仲間の気持ちの在り様を共に感じることができるシェアタイムは、自分でも気が付かなかった過去の想い出が沸き起こってくるなど、不思議ながらも気持ちがスッとする時間でした。
「色は心の鏡。そして選んだ色に正解はありません。色を通して今の自分を知ることで、よりイキイキと毎日を過ごすことができるんですよ」という言葉が心に響きました。

子育て中の親子に向けた色彩心理のワークショップもなさった経験があるとのこと。今後子ども関係の団体の方と協働し、ワークショップもしていきたいと思っているんですよとおっしゃっていたので、さっそく「まちカフェ!」で実現できないかとワクワクした時間にもなりました。

*問い合わせ:044-989-5816/greenheart1949@gmail.com(緑山色彩心理研究室グリーンハート )

 

それぞれに制作した塗り絵を共有。スタッフで共通する色や形を見つけたり、互いの想いを聞き合ったりする中で、心が通い合うようなあたたかい気持ちになりました。

筆で水を付けると水彩画のようにも使えるクレヨン。重なり合う色を眺めるだけでも癒されます。

お問い合わせ

CONTACT

ご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

メールマガジン登録

MAIL MAGAZINE

町田市の最新情報・イベント情報をお届けします。